GILBERT N. GATPANDAN

“Genesis X と Stinger XLT はどちらも私が今まで使用した中で最高のランニングシューズです…” 私はカリフォルニア州サンノゼでの先週末のHellyerハーフマラソンをGenesis Xで走りました。 私は自己3番目の記録で走れて、とても良い感じでした。Genesis XとStinger XLTは私が今まで使用している中の最高のランニングシューズです。私は今年他にスパイラを履いて2回のハーフマラソンに出場しました。フリーモントでのコヨーテヒルと、サンリアンドロのブリーズベイです。私はブリーズベイで自己記録を7分短縮しました。私はStinger 2 を心待ちにしています。また今日 Odyssey を手にしましたが、これもまた快適なシューズです。私はすぐにでもこの Odyssey で走りに行きたいと思っています。私がスパイラを履いて出場したすべてのレースで、私は筋肉痛や関節の痛みなどを感じることなくゴールすることができています。普通はもっと苦痛を伴うものですが、スパイラのシューズは本当に痛みを軽減してくれます。私は既に今年4回のハーフマラソンに出場していて、少なくともあと8回のハーフマラソンに出場し、2012年に12レースという目標を達成する予定です。そして少なくとも2回はフルマラソンも走る予定です。スパイラのシューズは本当にすばらしいです… WaveSpring は確実に結果を出します。

“Both the Genesis X and the Stinger XLT are the best running shoes I have ever worn…”
I tried the Genesis X in last weekend’s Hellyer Half Marathon in San Jose, California, and it worked out very well as I finished with my 3rd best time. Both the Genesis X and the Stinger XLT are the best running shoes I have ever worn. I ran 2 other half marathons this year, the Coyote Hills Half Marathon in Fremont, California, and the Bay Breeze Half Marathon in San Leandro, California. I PR’d in the Bay Breeze Half Marathon, breaking my previous personal record by almost 7 minutes. I am eagerly anticipating the release of the Spira Stinger 2. I just received the Spira Odyssey today and once again, another very comfortable shoe. I can’t wait to try the Odyssey on my training runs. In all my races where I used the Spiras, I finished without any muscle soreness or joint pain. The pounding of running is really greatly minimized allowing me to run more often and without injury. I have already run 4 half marathons this year and I plan to run at least 8 more to keep my goal of 12 half marathons in 2012. I also plan to run at least 2 full marathons. These Spira shoes are just absolutely amazing… a simple WaveSpring Technology that brings real results.

—Gilbert N. Gatpandan

BRYAN R. MORSEMAN

2008年9月からチームスパイラのランナーです。2008年9月まで、私はナイキ、アディダス、アシックス、リーボックなどのシューズを履いていましたが、
度重なる怪我のせいで、エリートマラソンの大会に出場することができませんでした。私が皆さんに120%の自信を持ってオススメしたいのはスパイラのシューズで故障が少なくなるということです。
それは私がスパイラを履いて練習や大会に出場した経験に基づいています。私は故障を引き起こすシューズを二度と履くことはありません。そしてスパイラによって私はマラソンの自己記録を 2:27:45 から 2:23:50 に短縮しました。私のこの経験は、きっとスパイラを履く誰もが経験できることだと思います。スパイラを履いて失望や不満を感じることはないでしょう。
スパイラの忠実なサポーター
エリート スパイラ マラソンランナー
Bryan R. Morseman
2時間23分 ランナー

I have been a Team Spira Runner since September of 2008, Before September of 2008, I had been training in all other training shoes such as Nike, Adidas, Asics and Reebok, but because of that I kept getting injuries, due to the support of the shoe, not being able to handle the miles a elite marathoner does. I can tell you and give you my 120% truth, that the shoes Spira makes are durable, and with stand able of any kind of mileage, so since joining Spira and training and racing in their shoes, I have not yet to have a set back injury do to the shoe. In which I have gone from a 2:27:45 marathoner to a 2:23:50 marathoner. I personally would encourage and inspire everyone and anyone to give Spira shoes a try, and believe me you will not be disappointed, or dissatisfied with any of the Spira running shoes.

Loyal and proud Supporter of Spira Footwear!

Sincerely,
Loyal and Proud to be ELITE SPIRA MARATHONER
Bryan R. Morseman
2:23 Marathoner

チームスパイラの選手が13マイルを通り越しちゃいました!
Team Spira Runner runs 13 miles too far!

Nicholas Kurgat はオークマラソンを1位でゴールしましたが、彼はハーフマラソンにエントリーしていたので失格になりました。
Nicholas Kurgat finished first in the Oaks Marathon but was disqualified because he signed up to run only the half marathon.

(文 Edward G. Robinson III)
Story by Edward G. Robinson III

ケニアのチャペルヒル在住のケニア人。Kurgat(29歳)はレックスヘルスケアハーフマラソンに申し込んでいました。彼はそのレースでコースの標識に従って、13.1マイルまでのラビット役をすることになっていました。
ところが Kurgat はハーフマラソンの折り返しを間違え13マイルを超えてしまい。彼は初めてのハーフマラソンどころかフルマラソンを走ってしまったのです。彼のコーチであるBen Kurgatは彼の間違いについてこのように語りました。
Kurgat は標識を見落とし先導車の警察車両について行ったんだよ。 彼はただついていっただけなんだ。“彼はカブトムシを追いかけたようなもんなんだよ“
Nicholas Kurgatの長距離ランナーとしての才能は偶然発見されました。彼はケニアの短距離選手だったが2年前に長距離に転向し先週は10キロレースで優勝した。彼は彼にとって程遠い距離に挑むようになった。
にもかかわらず、彼の偉業は公認されませんでした。レースディレクターである Jim Micheelsは Kurgat はUSA陸連のルールでコースを離れたためハーフマラソンで失格であると説明しました。Micheels はフルマラソンの部のオークシティマラソンはUSA陸連の公式レースなのでルールに従わなければならないと語りました。言い換えれば、意図しているいないにかかわらず、別のレースを走った時点で失格ということです。
ハーフマラソンの選手が折り返しを間違えたのは初めてではないが、コース上に明確な4つの標識とオレンジのコーンが置いてあるとMicheelsは続けました。誘導係もいたことだし、間違えたほうが悪いと彼は言いました。

Kurgat, 29, a resident of Chapel Hill and native of Kenya, had entered the Rex Healthcare Half Marathon portion of the event. He was supposed to run 13.1 miles to the finish of that race, following the course signs.

Instead, Kurgat missed the signs for the half marathon turn and found himself deciding at the 13th mile to keep going, even though he had never run a full marathon and was participating in his first half marathon. Ben Kurgat, his manager and coach, spoke for Nicholas Kurgat. He explained the situation as a mistake.

He said Kurgat missed the signs and followed a police car that was ahead of the front pack. “He just kept going because there was no where to go,” Ben Kurgat said. “He just followed the vehicle home.”

Nicholas Kurgat’s long-distance running ability was an “accidental discovery.” He started as a short-distance runner in Kenya and has been making the transition over the past two years to long distance, last week winning a 10K race. He jumped the gun in trying the marathon distance, although he fared well.

Nevertheless, the feat could not be officially recognized by City of Oaks officials. Jim Micheels, the race director, said Kurgat was disqualified from the half marathon for leaving the course, a rule specified by USA Track and Field, the country’s governing body for marathons. Micheels said the City of Oaks full marathon is a USATF-certified event and officials must follow their rules and guidelines. “One of their rules is that if you switch races, intentionally or unintentionally, you’re disqualified,” he said.

It wasn’t the first time a half marathon participant had missed the turn, though Micheels said he thought the course was clearly marked with four signs and bright orange cones. He said there was a volunteer directing runners where to go. “I feel bad he went the wrong way,” he said.

Javier Cruz は本当に印象的な話をしてくれました
Javier Cruz has a truly InSPIRAtional story to tell.

Javier Cruz はメキシコのソノラのダンボール小屋で生まれました。6歳の時、石の下敷きになり、Javier は死んだと思われました。 彼の母は死んだものと思い遺体安置所に彼を運ばなければと思ったほどです。奇跡的に彼は生き残りましたが、下半身が麻痺してしまいました。治療の甲斐あって彼は麻痺から回復しました。その後彼はアメリカに移住し、英語を学び、大学に通いました。そして彼は今、配達人として働き、ボストン、サンディエゴ・ロックンロールマラソンなどの多くのレースに出場しています。 Javierは行動力があって、明るくて、前向きで、エネルギッシュです。私たちはそんな彼がスパイラを履いてくれていることを誇りに思っています。

Javier Cruz was born in a cardboard hut in Sonora, Mexico. At age six, Javier was once believed dead after a boulder fell on him, crushing him. His mother took him to the morgue thinking he had passed away. He miraculously survived, but he was paralyzed from the waist down. Through therapy, Javier overcame paralysis. He later immigrated to the United States, learned English, and attended college. He is now a mail carrier and has run many marathons, including the Boston and San Diego’s Rock and Roll marathon.

Javier is determined, optimistic, positive, and energetic. We are very proud that Javier’s running shoe of choice is Spira!