2時間10分で走ったシューズ Run in the 2.10

2007年以降、スパイラのシューズを履いたアスリートは100を超えるレースで優勝しています。
2011年のチューリッヒマラソンではケニアの、ジョン・キャロ・キュイが2時間10分00秒で優勝。
スパイラ初めてのサブテン・マラソンランナーになりました。
バネを内蔵したランニングシューズはスパイラ以外にもありますが、エリートランナーが満足するレベルにあるのはスパイラだけです。
エリートランナーにも愛用されている信頼置けるシューズブランドなのです。